日之影温泉駅に一度は泊まってみたいTR列車の宿「せいうん」があった【宮崎県】

 


 

47都道府県完全制覇の旅の11件目、宮崎県
毎日、一番最後の楽しみはやっぱ温泉ですよね
 
日之影温泉駅正面
 
ツイキャスの情報を元に「日之影温泉駅」に向かってみました
情報ではこの温泉に列車を改造して作られた宿泊施設があるというではないですか!
 
そりゃ〜見てみないと
 
場所はかなり奥地でなんか細い道を進んでいったっけ(笑)
あれ?この先にあるの?って不安に思えてしまう感じ
 
列車の宿
 
でも実際に日之影温泉駅についてみると!
ど〜ん!と目の前に、宿泊施設でもある「せいうん」と「かしぼり」の姿が
 
ここは泊まってみたいな〜
そんな気持ちにさせてくれる場所なんです
 
川
 
目の前に広がる川
山の中の静けさ
 
とても雰囲気のいい場所です
こりゃ〜癒されるの〜
 
内部
 
このTR高千穂鉄道の宿泊列車は当時の面影を沢山残しているらしく、運転席や計器類、運賃箱なども残されているみたいです
 
本当はさ、泊まってみたかったんだけど
ルール上キャンピングカー以外では泊まれなかったんだよね
 
あ〜残念
 
なので今度はプライベートで行ってみよう!
 
さて温泉の方ですが、日之影温泉駅の2階にあります
1階で料金(大人500円)を払い、階段かエレベーターで上がっていきます
 
決して広い温泉ではないですが、地元の方々が利用する温泉です
 
温泉
 
僕が好きな雰囲気の温泉は
 
静かな場所にある
地元の方に親しまれている
新しくない
 
といった昔からあるちょっと寂れた温泉が好きなのです
 
そういった意味ではちょっとお気に入りかも
気取った雰囲気ではなく、素朴な雰囲気のあるいい温泉でした
 
もし近くに行く事がありましたらぜひ寄ってみてくださいね
あの列車の宿にはいつか泊まってみたい!
 
ではまた〜
 
日之影温泉駅
http://www.hinokage.jp/web/kankou/onsen.html
 
TR列車の宿
http://www.hinokage.jp/web/tr/
 
秋葉仁TwitCastingチャンネル
http://twitcasting.tv/akb_bankinya
 
秋葉仁Twitter
https://twitter.com/#!/akb_bankinya
 
 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

カラーコード表

月別

秋葉のおすすめ