時が止まった風情ある肥薩線「真幸駅」のホームにデッかい石が!

 
この真幸駅は標高380メートルの位置にあり、1911年に宮崎県内では最初に開した駅です
 


 
開業100周年と駅舎
 
もう100年以上もあるんですね
駅舎は木造建てで当時のままの姿なのでしょうか?
 
駅舎前
 
ものすごくいい雰囲気が出ていて完全に時が止まってしまっています
 
芸能人写真
 
駅舎の中には芸能人が訪れた記念写真なども貼られています
 
駅ノート
 
そして、このような駅には必ずと言っていいほど設置してある駅ノートもあります
 
訪れた記念に僕も書いてみましたo(^_^)o
 
時刻表
 
この時刻表の書き方も当時のままなのでしょうか?
 
昔はこんな感じて書いていたのですね
 
その駅舎を抜けると連絡通路がありホームに行く事が出来ます
 
連絡通路
 
いや〜周り一面、緑に囲まれすごーく穏やかに時が流れている感じがします
ほんとに電車が来ない時は自然の音だけという落ち着く場所なんですね
 
恵比寿様
 
都会にいると本当に新鮮で来て良かったという気分にさせてくれます
 
幸せの鐘
 
ホームに上がるとまず目に付くのがこの幸せの鐘です
 
真の幸せの駅なんですね
 
真幸駅看板
 
ホームに訪れた人はきっと皆さんこの鐘を鳴らし幸せを祈っているのでしょう
 
駅ホームの端の方になんか大きな岩が見えるのでちょっと向かってみたいと思います
 
岩
 
この大きな岩は昭和47年の大雨で大規模な土石流が発生し、この付近の民家も埋まってしまったみたいなんです
 
その為、秘境駅となってしまったんですね
その時にホームの上にもこの大きな石が乗っかってしまったらしく、重さは8トンもあるみたい
自然の力って本当に凄まじいですね
 
それでは今度は駅の反対側に行ってみましょう
 
真幸駅風景
 
この肥薩線、当時は鹿児島本線だったみたいなのですが、現在は西回りルートにその名を譲ったらしいのです
 
スイッチバック
 
この真幸駅はおこば駅と同じようにスイッチバックで入って来るのです
 
当時の蒸気機関車で山の上にまで登る事は大変な事だったのでしょう
 
その為スイッチバックを繰り返しながら登っていったのでしょうね
工事も大変な作業だったと思うし、この発想を現実にしたのもすごいですよね
 
いさぶろう
 
今ではこの吉松ー人吉間も秘境駅巡りの観光列車も走り、多くの方々がこの駅を訪れています
 
恵比寿様
 
古き良き時代の駅を大切に守りたいですね
 
絵馬
 
さ〜いかがでしたでしょうか?
まだまだお伝えしたい事、映像に残しておきたい事はいっぱいあるのですがこの辺で真幸駅からのレポートを終わりにしたいと思います
 
まさき
 
時が完全に止まった雰囲気のある真幸駅!
 
訪れてみてはいかがですか?
 
ではまた!
 
 

HOME

管理人

秋葉仁

秋葉原で生まれて育ち、会社も秋葉原で設立し、店舗も秋葉原という秋葉原だけの生活。そんな秋葉 仁は大の機械ヲタク。 ビデオカメラ、デジタルカメラ、撮影機材、DJ機材、そしてPC!とにかく機械ならば何でもいい状態。 そんな機械ヲタクが YouTube などを使い様々な機械を紹介。 少しでも購入前の検討材料になれば幸いです。 ぜひともよろしくお願い致します。

カラーコード表

月別

秋葉のおすすめ